在宅勤務が長期化しても心身共に元氣でいられた

中野 秀昭さん:

令和2年5月25日 14日目&14日間のまとめ

〇型法習慣化内容
七要、七勢
天人統合禮法
九大馬歩
八大手
自律禅法
七大禅法
五行北拳

〇14日目感想
この投稿を書いている時の気づきです。開門コース禮法の検定のときは一番のりになりたいという欲がありましたが、今は一番のりになりたいという欲がなくなっていました。

一番であるより、自分自身が納得する方が価値観として大切になったみたいです。
自分の心意体術と向き合うことを継続することで得られた変化だといいなと思います。

〇チャレンジ14日間のまとめ

1,身体的な気づきや学び
以前よりも股関節や肩の柔軟性が上がり、可動域が広がりました。また、膝のブロックも少し改善されたように感じます。(検証できていないので、まだ本当か分かりませんが)

2,精神的な気づきや学び
動作が多くて、開門コースの中でも覚えるのが一番大変でしたが、反復練習をすることで覚えられたので、継続の大切さを感じました。

3,今後使えそうなところ
ずっとパソコンの前で仕事や勉強をしていると、 体が凝り固まるので、五行北拳で体を解せるところ。

4,もっと知りたいところ
対人稽古でエネルギーが通っている動作になっているかどうか。

5,自身の成長
基礎や反復練習の大切さに気づけたこと。

6,まわりの変化
住居の変化(予定)や仕事での役回りの変化とありましたが、どちらも自分が選択したことで自分の自由を少しずつ作れるようになってきました。自由の大きさに問わず、自由な方が生きていて楽しいと感じるようになりました。

7,全体的な感想
あっという間の2週間でしたが、在宅勤務が長期化して身体が鈍っていた時に、全身を使う稽古ができて、心身共に元氣でいられました。自分の幼少期のトラウマを五行北拳で治せるとPQSで出たこともあって、最初は治したい一心で取り組んでいましたが、動きを覚えていくうちに楽しくなっていました。楽しいと自然とやってしまうので、楽しんでやることの大事さも感じました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました