2020.4.7 坂口さん

◾️今日の稽古
天人統合禮法
自律禪法
站椿功
パクファク
南拳対練

禮→禪→型の順で稽古

前回は歩行でポテンシャルエネルギーが変わってしまっていたので変わらないように歩行

前に進もうという過剰なエネルギーが
相手に察知されてしまっていたので
前後のブレが出ないように踵支点でスタートするようにすると相手に察知されないようになりました

南拳の対練はだいぶスムーズさが出てきて、
より自然に相手の打撃に対して体が動くようになってきました

攻撃をしっかりやっていると
防御する側が勝手に胸の前へ防御するための手を置くようになっており、そこに置いておく必要性が自然に引き出されていました

そこに手がないと
遅れてしまい、急所を突かれてしまう

昔の人はそうやって自然に出てきたものを
体系化して型にしてきたんだなぁと思いました

対練がスムーズになってくると
どんどん楽しさが増してきます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました