天人統合禮法とは・・・

酔拳の達人であるレノンリー老師が創造しした、その名の通り天人を統合するための禮法です。

レノンリー老師

悟りを体現してから稽古が始まる武学体術の最高峰である酔八仙之術(酔拳)で使用される禮法で天人統合禮法です。

「禮」という字は「礼」という字の旧字体で、あえて「禮」という字を使ってます。

禮とは豊かに示すという意味であり、つまりこの物質空間においては「実体化」を意味します。

つまり見えないエネルギーである靈(レイ)をコントロールし、見える形に実体化させるのが禮の本当の意味です。これが旧字体に隠された秘密なのです。

文字を書き換えることでそのエネルギーにアクセスできなくなりますので、あえて旧字体を使っている訳です。

禮法によるゼロの体現こそが悟りそのものであり、それを瞬時に身体で証明できるのが天人統合禮法の特徴です。

 

禮法とは

禮法とは、ゼロに戻すための方法です。

プラスやマイナス、日々浮き沈みが激しい現代社会において、フラットでニュートラルな状態というのは貴重です。

波があっても、それを戻せること。自分の精神的な波や感情の波、そして人生を通しての波をコントロールすること。

一度、立ち戻れる場所が自分のニュートラルであり、ゼロポイントフィールドです。

いわば、ゼロ磁場を自らの内部に創り出し、それを世界に波及すること。

これが禮法で得られる効果と言えます。

そして特に武学体術においては身体の禊を完了しゼロ化する方法を指します。

自身にこびりついた、余計な情報や感情、思考をクリーンにすることで、本来の自分の在り方を取り戻す。

禮法を活用することで、ありのままの自分を取り戻し、魂の本来の目的に沿って生きることが出来るようになるでしょう。

天人統合禮法には、武学の禊開門九禮法(侍禮法基礎9段階)である9つの禮法が1つにパッケージされています。

まさに天人統合禮法はゼロポイントエネルギーを自由に操ることができる
究極のゼロ化システムなのです。

 

ゼロ化とは

日々生活していくと私たちの身体は少しずつ汚れていきます。だから毎日お風呂に入り、その汚れを落とすわけです。

それは見えない非物質的な世界も同じこと。
日々生活していく中で、徐々に見えない汚れ(罪穢れ)が溜まっていきます。

その見えない汚れを落とすのが禮法であり、汚れが落ち切った状態がゼロの状態。

身体とは、見えないボディである「身」と実態的なボディである「体」によって成り立っています。

ですので、陰陽の両面から汚れを落とす必要があるのです。

そして、その汚れが落ちきり、ゼロ状態になることをゼロ化または禊(みそぎ)と言います。

天人統合禮法はこの見えないエネルギーにアプローチし、自由自在にコントロールする手法です。

なぜゼロエネルギーをコントロールすることがそんなにすごいのか。

それは・・・

ゼロとはすなわち無限大を意味するからです。

 

0=無限大

太極が陰陽に分かれ、この宇宙の創造が起こりました。

つまり物事には表と裏があり、闇があれば光があるように、見えている自分がいれば見えてない自分もいる。

そんな見えない自分と見えている自分を統合するのが天人統合禮法の1つの役割でもあります。

そして、ゼロの対極にあるのが無限大。

しかしゼロと無限大は実は同じことなのです。

天人統合禮法がそれを証明してくれるわけで、

ゼロ=無限大∞という極地に瞬時に立つことのできる極意が天人統合禮法なのです。

侍と呼ばれる人が編み出した、究極のエネルギーコントロール手法である天人統合禮法を、武学の正統継承者であるレノンリー老師がこの時代を生き残るための最後の手段の1つとして創造しました。

天人統合禮法を活用して世界をより良く、そしてより面白くする!

そんな志高き同志のために2021年12月1日、ついにメール講座を開講しました。

天人統合禮法メール講座の詳細はこちら