天人統合禮法とは

天人統合禮法とは、武学体術の最高峰である酔八仙之術で使用される禮法です。

(禮法とは、身体の禊を完了しゼロ化する方法です。詳しくは後述します。)

具体的には、

志体術で実践する3段階の禮法、経絡体術で実践する3段階の禮法、そして洪家体術で実践する3段階の禮法の合計9つの禮法を1つにパッケージした究極のゼロ化システムです。

 

ゼロ化とは

日々生活していくと私たちの身体は少しずつ汚れていきます。だから毎日お風呂に入り、その汚れを落とすわけです。

それは見えない非物質的な世界も同じこと。
日々生活していく中で、徐々に見えない汚れ(罪穢れ)が溜まっていきます。

その見えない汚れを落とすのが禮法であり、汚れが落ち切った状態がゼロの状態。

身体とは、見えないボディである「身」と実態的なボディである「体」によって成り立っています。

ですので、両面から汚れを落とす必要があるのです。

そして、その汚れが落ちきり、ゼロ状態になることをゼロ化または禊(みそぎ)と言います。

天人統合禮法はこの見えないエネルギーにアプローチし、コントロールする手法です。

ゼロとはすなわち無限大。

0=∞

ゼロ(∞)という極地に瞬時に立つことのできる、極意が天人統合禮法なのです。

侍と呼ばれる人が編み出した、究極のエネルギーコントロール手法を、武学の継承者であるレノンリー先生がまとめた天人統合禮法のリアル講座の開催予定の詳細はこちらです。

・講師は天人統合禮法のマスター認定者が務めます。

タイトルとURLをコピーしました